【受講者インタビュー②後編:ちかちゃん@産後6ヶ月】

こんにちは!

認定NPO法人マドレボニータ産後セルフケアインストラクターの山本裕子です。

 

産後ケア教室で日々、産後女性と接していると、毎回「全部メモしたい!!」という言葉がたくさん飛び出します。

でも・・・

 

・これを私一人だけで味わうのはもったいない!

・産後の女性の思いをもっと多くの人に知ってもらいたい!!

・産後ケアの意義を生の声で伝えたい!!!

 

ということで、先日からスタートした、受講者インタビュー。

今回は、ちかちゃん後編をお届けします!

 

 

▶︎受講者インタビュー①:ゆいちゃん(前編)

▶︎受講者インタビュー①:ゆいちゃん(後編)

▶︎受講者インタビュー②前編:えりちゃん

▶︎受講者インタビュー②後編:えりちゃん

▶︎受講者インタビュー③前編:ちかちゃん

 

 

Photo by 白川マゆみ
Photo by 白川マゆみ

 

-このコロナ禍で教室に参加する不安はありましたか?参加してみてどうでした?

不安がないと言えば嘘になるけれど、参加される方は、みなさんお母さんなので、日頃から気をつけているだろうと思って、そこまで不安には感じませんでした。それに、参加してみて、感染対策をしっかりしていることがわかって安心しました。 

 

 

 

-レッスンを終えて、今、何を思いますか?そして、これからの自分にどんなことを期待しますか?

 

今は育休中でいずれ仕事に復帰するので、育児、家事、仕事のバランスをどうとっていくのかこれから模索していくことになります。

どんな生活になるのか不安もありますが、パートナーと協力していけたらと思います。

産後ケア教室のワークを通して、自分のやりたいことも大切にしていきたいという思いを持っていることに気がつきました。

 

妊娠を機に食への関心が深まり、子どもに手作りのパンを食べさせてあげたいとの思いから、「おうちパンマスター」の資格を取得しました。おうちパンは自宅のトースターやフライパンで簡単に焼けるパンです。今は身体に優しい材料で作るお菓子作りに関する資格取得を目指しています。

 

まだ何がやりたいのか明確にはなっていないですが、これらを活かして人とつながったり、誰かのために役立てたりすることができたらいいなぁと思っています。

 

 

 

-最後に、これから産む人、今まさに産後真っ只中にいる人に伝えたいメッセージを!

産後は心も身体も自分が思っている以上に変化するし、考え方や価値観も変わりました。

 

日常生活では自分のことはつい後回しになりがちですが、産後ケア教室に参加して、身体をケアすると心にも余裕が生まれるということを身をもって実感しました。産後の気分の落ち込みや身体のしんどさは仕方のないことで、自分を責める必要なんてないんだな、と。

 

心に余裕が持てるとパートナーにもちょっと優しくなれます(笑)

自分が元気でいることってとても大切なことですよ!

 

Photo by 白川マゆみ
Photo by 白川マゆみ

 

ちかちゃん、ありがとうございました!!

 

人はこんなにも変わるのか!って思うほど、たった4週間で、佇まいも、表情も、発せられる言葉も、うーんと軽やかに、そして柔らかくなったちかちゃん。妹のえりちゃんまでも「(姉は)変わりました!」と話してくれるほどでした。

 

でも、それはきっと本来ちかちゃんが持っていたものであって、初回のちかちゃんは、産後という鎧が覆い被さった姿だったんだろうと思います。エクササイズとワークと、仲間の力で、その鎧が脱げた今、ここからまたさらにパワーアップしていくだろうちかちゃんを、これからも応援しています!!

 

貴重な思いを聞かせてくださって、本当にありがとうございました。

 

 


マドレボニータ東海TOMOS & 山本裕子

LINE@やってます^^

 

イベント情報などお届けします。

お友達追加よろしくお願いします!

友だち追加

https://line.me/R/ti/p/%40vtq4125g